コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻酸 ギサン

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐さん【×蟻酸】

最も簡単なカルボン酸。無色の刺激臭のある液体。アリやハチの毒腺(どくせん)やイラクサのとげなどの葉に含まれ、皮膚にふれると水疱(すいほう)ができる。最初にアリを蒸留して得られたところからの名。有機薬品の合成原料・溶剤・皮革加工などに用いる。化学式HCOOH

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

蟻酸の関連キーワード伎・偽・僞・儀・妓・宜・戯・戲・技・擬・欺・犠・犧・疑・祇・義・艤・蟻・誼・議・魏二酸化炭素の固定アリ(蟻)酸処理促染剤蟻浴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蟻酸の関連情報