コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水圧破砕法 スイアツハサイホウ

1件 の用語解説(水圧破砕法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいあつはさい‐ほう〔‐ハフ〕【水圧破砕法】

地下の岩体に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせること。水を高温岩体で蒸気にして発電を行う高温岩体発電などに利用される。また、天然ガスや石油を含む頁岩(けつがん)シェール)層に酸などの化学物質が混入した水を注入して、シェールガスシェールオイルを採取する手法を指す。ハイドロフラクチャリング。ハイドロリックフラクチャリング。フラッキング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水圧破砕法の言及

【採油】より

…坑井刺激法は,坑井周辺の油層岩特性を改質して,油層から坑井への原油の流入量を増加させることを目的としている。現在多く用いられている方法には酸処理法と水圧破砕法がある。前者は,油層部に塩酸またはフッ化水素酸などの酸性物質を坑井仕上げ時に圧入して,坑井周辺の油層の岩石粒子を溶解し,原油の流路を広げる方法である。…

※「水圧破砕法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水圧破砕法の関連キーワードOFケーブル超高圧送電二段ポンプ高温岩体注入井急速塩蔵法ポストミックス法ランク効果(流体力学)ルジオンテスト川井直人

水圧破砕法の関連情報