酸化帯[鉱床](読み)さんかたい[こうしょう](英語表記)oxi-dized zone of mineral deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化帯[鉱床]」の解説

酸化帯[鉱床]
さんかたい[こうしょう]
oxi-dized zone of mineral deposit

酸化作用を主とする変質の進行した鉱床の部分。地表下にある鉱床は循環する地表水ならびに流通する酸素炭酸ガスによって変質する。酸化して生じた化合物の一部は残留し,一部は地下水によって分散し,一部は鉱床の深部金属の酸化物として再沈殿する。酸化帯の深さは鉱床の種類,母岩の性状,地下水面推移によって一定しないが,2次的に金属鉱物の濃集する富鉱帯を伴うことがあり鉱業上重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android