コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醒世姻縁伝 せいせいいんねんでんXing-shi yin-yuan-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

醒世姻縁伝
せいせいいんねんでん
Xing-shi yin-yuan-zhuan

中国,清初の口語章回小説。作者は西周生と記されているが,実は『聊斎志異』の作者蒲松齢 (ほしょうれい) の作であるとの説もある。 100回。2世にわたり因縁をもつ2組の男女の物語で,男に射殺されたキツネの後身である妻と,いじめ殺された妻の後身である妾とが陰惨残酷な手段で男の後身である夫をいじめぬくなど,前世の恨みを晴らす女が次々と登場し,一種の恐妻小説となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android