コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聊斎志異 りょうさいしい Liao-zhai zhi-yi

6件 の用語解説(聊斎志異の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聊斎志異
りょうさいしい
Liao-zhai zhi-yi

中国,清の文語怪異小説集。蒲松齢の著。約 500話。康煕 18 (1679) 年頃成立。著者の死後の乾隆 31 (1766) 年刊。聊斎は著者の書斎名。神仙,狐鬼に関する物語,見聞を記した小説集で,とりわけ動植物の精と人間との交わりに関するものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうさいしい〔レウサイシイ〕【聊斎志異】

中国、清代の怪異小説集。16巻、445編。蒲松齢(ほしょうれい)著。1679年ごろ成立。1766年刊。聊斎は作者の書斎名。神仙・狐鬼・妖怪などと人間との情感豊かな交錯が簡潔な文語体で書かれ、怪奇文学の傑作とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

聊斎志異【りょうさいしい】

中国,清の文語体怪異小説集。蒲松齢(ほしょうれい)〔1640-1715〕作。聊斎は松齢の斎号。16巻。445編。神仙,狐,鬼,化物,ふしぎな人間などに関する物語や見聞を集めた。
→関連項目閲微草堂筆記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうさいしい【聊斎志異 Liáo zhāi zhì yì】

清代初期の文人蒲松齢(ほしようれい)が執筆した文語体の怪異小説集。流布本(青柯亭(せいかてい)本系統)では,16巻で445編を収めているが,ほかに12巻本,18巻本,24巻本や原稿の約半分の量の手稿本がある。所収編はすべて神仙,狐,鬼,化物,ふしぎな人間などに関係した物語や異聞の記録的短編で,そのほとんどが民間の話に取材され,著者の明確な創作意識の下に執筆された。とくに,本書の本領である唐の伝奇小説系の物語は,空想力のあふれた手法で書かれ,同類の書にはみられない巧みな構成と,著者独特の簡潔な表現による精細な小説的描写とをもち,序次も整然としていて,怪異の世界と人間界との交錯したロマンの世界をみごとに構築している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうさいしい【聊斎志異】

〔「聊斎」は著者の書斎の名〕
中国、清代の怪異小説集。1766年刊。一六巻、四三一編。蒲松齢ほしようれい著。神仙・狐鬼こき・妖怪変化などの怪異界と人間界との交錯した夢幻的な世界を現出。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聊斎志異
りょうさいしい

中国、清(しん)初の文人蒲松齢(ほしょうれい)の文語体の怪異小説集。作者の生存中から評判をよび、写本によって読み継がれていたが、死後51年を経た1766年に最初の刊本青柯亭(せいかてい)本が刊行された。445編を収めたこの版本の系統の16巻本が諸版本のなかでもっとも流布したが、現在では500編以上を収めた会校会注会評本が最良の版本である。この怪異譚(たん)の執筆期間は長年月にわたり、自序の書かれた1679年以後の作品もあるが、主要な編はこの年までに成立していたのかもしれない。
 全編ことごとく神仙、狐(きつね)、鬼(コエイ)(幽霊)、化け物、不思議な人間や事柄などに関係した話で、その多くは民間の話に取材している。なかでも現世(このよ)と冥界(あのよ)との交渉の物語と狐の物語が他のものに比べてはるかに多い。しかも妖怪(ようかい)と人間との交情を中心に展開される情話が多い。狐女と幽霊の女が1人の青年をめぐって寵(ちょう)を争い、最後に3人とも二世にわたる縁を結ぶ「蓮香(れんこう)」、いかなるときにも笑いを失わずに人間に慰めを与える賢い狐女の物語「嬰(えいねい)」、牡丹(ぼたん)と忍冬(にんどう)の美しい花の精に無限の愛情を寄せる男の物語「香玉」などは、その屈指の代表的作品である。これらの主要編は唐代の伝奇や明(みん)の『剪燈新話(せんとうしんわ)』の系統に属するが、民間の話などをそのままに採録しないで、特異な物語を描き出そうとする明確な創作意識をもって執筆されている。その結果、巧妙な構成をもち、典拠のある用語を効果的に駆使した独自の簡潔な表現による精細な描写が行われ、叙次も整然としている。そこには怪異の世界と人間の世界との交錯が美しく展開され、エロティシズムの魅力も加わって、現実を写した小説からは味わえない人間の真と美とを感じさせ、中国怪異文学のなかで最高の傑作となっている。伝奇系の作品のほかに、清初の志怪小説に似た簡単な異聞の記録も多いが、作者の文才によって、やはり他書のものにみられない味わいをもっている。
 中国では「説聊斎(シユオリヤオチヤイ)」(聊斎を語る)ということばが怪異譚を話す意味を表し、怪異小説の代表としての地位を占めている。日本には青柯亭本の出た翌々年にはすでに舶載されている。いくつかの翻案があるが、日本に与えた影響は明治以降に注目すべきものがあり、そのロマン性と優れた描写とが多くの近代・現代の文学者や文芸界に、江戸期における『剪燈新話』を凌駕(りょうが)する大影響を与えた。3種の全訳本もあり、多くの読者を獲得している。[藤田祐賢]
『増田渉・松枝茂夫他訳『中国古典文学大系40・41 聊斎志異』(1970、71・平凡社) ▽柴田天馬訳『聊斎志異』全四冊(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聊斎志異の関連キーワード邱曙戒胡公寿王鑑王原祁蒲松齢山登松齢郭松齢用例妖霊劉伶

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聊斎志異の関連情報