釈台(読み)シャクダイ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく‐だい【釈台】

〘名〙 講釈師が寄席で講釈を演ずるとき高座に置かれる台。講釈師の演台。
巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫〉春高楼の…「高座の中央には、いつものように、ぴたりと釈台(シャクダイ)が置いてあるのも、いかにも本牧亭である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の釈台の言及

【講談】より

…寄席演芸の一種。ふつう,武勇伝,仇討(あだうち),政談,実録のたぐいを,釈台と呼ばれる机を前に張扇をたたきながら,ひとりで口演する。〈講釈〉というのが明治以前の伝統的な呼称。…

※「釈台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釈台の関連情報