コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌俔 さとむら しょうけん

2件 の用語解説(里村昌俔の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

里村昌俔

連歌師。名は景次。昌叱の次男。里村玄的の門で連歌を学ぶ。法橋に叙せられる。寛文5年(1665)歿、64才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌俔 さとむら-しょうけん

1602-1665 江戸時代前期の連歌師。
慶長7年生まれ。里村昌叱(しょうしつ)の次男。里村昌琢(しょうたく)の弟。里村玄的にまなび,里村家一族や智仁(としひと)親王,近衛信尋(のぶひろ)らとおおくの歌をよむ。昌琢の里村南家の別流の祖で,法眼となった。寛文5年1月5日死去。64歳。生没年には異説もある。名は景治。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone