コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌叱 さとむら しょうしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌叱 さとむら-しょうしつ

1539-1603 戦国-江戸時代前期の連歌師。
天文(てんぶん)8年生まれ。里村昌休の子。京都の人。父の門人,里村紹巴(じょうは)に養育され,「五吟一日千句」「毛利千句」など,おおくの連歌や和歌の会にくわわる。文禄(ぶんろく)3年古今伝授をうけ,法橋(ほっきょう)となる。里村南家の祖として一家をなした。慶長8年7月24日死去。65歳。名は仍景(なおかげ)。通称は弥次(二)郎。別号に策庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

里村昌叱の関連キーワード花の本・花の下里村昌俔里村昌琢昌叱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android