コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛信尋 このえ のぶひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛信尋 このえ-のぶひろ

1599-1649 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
慶長4年5月2日生まれ。後陽成(ごようぜい)天皇の第4皇子。近衛信尹(のぶただ)の養子。左大臣をへて,元和(げんな)9年(1623)関白,氏長者となる。茶の湯を古田織部(おりべ)にまなび,沢庵宗彭(たくあん-そうほう)らと交流。宮中の学芸文化面で活躍した。慶安2年10月11日死去。51歳。号は本源自性院。法名は応山。日記に「本源自性院記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近衛信尋
このえのぶひろ
(1599―1649)

江戸前期の公卿(くぎょう)。後陽成(ごようぜい)天皇の第4皇子(二宮)。母は中和門院(ちゅうわもんいん)(近衛前久(さきひさ)の女(むすめ)、前子(さきこ))。関白近衛信尹(のぶただ)の養嗣子となり、1605年(慶長10)8月元服。翌年5月従三位(じゅさんみ)に昇り公卿に列し、1612年4月内大臣。1614年正月右大臣、1620年(元和6)正月左大臣に転任。1623年閏(うるう)8月関白となる。1629年(寛永6)7月関白・左大臣を辞し、1645年(正保2)3月出家し応山と号す。後水尾(ごみずのお)天皇の弟として宮廷文化の一翼を担い、沢庵宗彭(たくあんそうほう)、一絲文守(いっしもんじゅ)、金森宗和(かなもりそうわ)、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)らとの交流を通して各分野、階層にこれを伝えた。書は養父信尹の三藐院(さんみゃくいん)流を能(よ)くし、茶は織部の流れを汲(く)み、連歌では「梧」の一字名を用い佳作が多い。日記は『本源自性院記(ほんげんじしょういんき)』(『史料纂集』、近衛通隆等校訂・1976・続群書類聚完成会)として刊行されている。記録期間は1621年(元和7)から1643年(寛永20)までの本記、および1623年閏8月より1649年(慶安2)6月にいたる19点の別記。[橋本政宣]
『橋本政宣著「近衛家歴代の遺書について――政家・信尹・信尋・尚嗣・基煕」(『古文書研究 41・42合併号』所収)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

近衛信尋 (このえのぶひろ)

生年月日:1599年5月2日
江戸時代前期の公家
1649年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

近衛信尋の関連キーワード千宗旦(せんのそうたん)勧修寺御門跡寛俊吉野(2代)佐川田昌俊安楽庵策伝立花図屏風一糸文守生年月日灰屋紹益徳川光圀金森宗和里村昌俔中和門院村上吉子近衛応山徳川光友淀屋个庵近衛尚嗣裏千家常如

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android