コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見時成 さとみ ときなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見時成 さとみ-ときなり

1309-1337 鎌倉-南北朝時代の武将。
延慶(えんきょう)2年生まれ。越後(えちご)(新潟県)の人。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年新田義貞(よしさだ)の鎌倉攻めにしたがい,その後も義貞のもとで足利尊氏とたたかう。建武(けんむ)4=延元2年1月11日越前(えちぜん)(福井県)金ケ崎城の救援にむかった際,足利方の今川頼貞軍に敦賀で討たれた。29歳。「系図纂要」のなかの里見氏系図の時義と同一人物とおもわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

里見時成の関連キーワード南北朝時代里見義氏延慶

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android