コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力波天文台 じゅうりょくはてんもんだい gravitatinal-wave observator

3件 の用語解説(重力波天文台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重力波天文台
じゅうりょくはてんもんだい
gravitatinal-wave observator

通常の天体観測は,天体が放射する電磁波の検出によって行われているが,近年では,一般相対性理論が予測する重力波を検出して天体観測に利用しようという計画が世界各地で始っている。日本では岐阜県神岡鉱山の地下 1000mに観測施設を設置する計画がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

重力波天文台

一般相対性理論によると、天体の激しい運動によりその周囲の時空が乱され重力波が放出される。この重力波を検出することで、源の天体の正体やその運動を探ることができる。電磁波では不可能な観測が重力波によって可能になるので、重力波は天文学の新しい目として期待されている。近年相次いで重力波検出装置が稼働し始め、重力波天文学が現実となった。日本では国立天文台TAMA300(東京都三鷹市)、米国ではLIGO(Laser Interferometer Gravitational Observatory)、欧州ではGEO600と呼ばれるレーザー干渉計を用いた重力波天文台が2002年から本格的に稼働し始めた。これらの装置は、合体直前の中性子星連星系からの重力波の検出が目標。将来的には銀河中心にあるブラックホールや宇宙初期からの重力波の検出をめざして、宇宙空間レーザー干渉計を組んで重力波を検出することも計画されている。

(二間瀬敏史 東北大学大学院理学研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうりょくは‐てんもんだい〔ヂユウリヨクハ‐〕【重力波天文台】

重力波望遠鏡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重力波天文台の関連キーワード一般相対性理論光速度不変の原理天体力学統一場理論量子重力アインシュタインリング重力の理論相等の原理内山竜雄《相対性理論の数学理論》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重力波天文台の関連情報