コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力波望遠鏡 ジュウリョクハボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうりょくは‐ぼうえんきょう〔ヂユウリヨクハバウヱンキヤウ〕【重力波望遠鏡】

重力波を直接的に検出する装置。重力波が伝播する際、時空がごくわずかに歪むが、この時空の歪みをレーザー光を用いた干渉計で正確に測定する干渉計型検出器や、特定の長さの物体が共振して変形する現象をとらえる共振型検出器などがある。重力波検出器重力波天文台。→KAGRA(かぐら)LIGO(ライゴ)
[補説]2016年2月、米国の重力波望遠鏡LIGO(ライゴ)により、連星ブラックホールが合体したときに発せられる重力波を世界で初めて直接観測することに成功したと発表された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重力波望遠鏡
じゅうりょくはぼうえんきょう

一般相対性理論で予言される重力波の検出器。望遠鏡とよばれるが、光学望遠鏡や電波望遠鏡とは検出方法の違いにより、形状が異なる。測定方法により検出器には共振型とレーザー干渉計型がある。共振型検出器は弾性体の共鳴振動を利用して重力波を検出する。レーザー干渉計型はマイケルソン干渉計型が多く、重力波望遠鏡の主流方式となっている。マイケルソン干渉計型はレーザー光を2方向に分けて、再度あわせる際に生じる二つの光の位相差により生じる干渉縞(じま)を観測する方式である。その光の位相差は分岐する光路長に応ずるので、長い光路長を達成するために、基線長(光分岐点から反射鏡までの距離)を長くしたり、基線間を何回も往復させるくふう(ファブリペロー型)を行っている。
 数多くの重力波望遠鏡が稼働もしくは計画されているが、重力波が非常に弱いことから、まだ、確定的な観測はできていない。
 日本では、1999年(平成11)から稼働している基線長300メートルの「TAMA300」(東京都三鷹市)と2015年稼働予定の基線長3000メートルの「KAGRA」(岐阜県飛騨(ひだ)市)がある。
 世界では、アメリカの基線長4000メートルのLIGO(Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory)、イギリスとドイツ共同の基線長600メートルのGEO600、フランスとイタリアおよびオランダ共同の基線長3000メートルのVIRGOがある。
 また、より長い基線長を目ざし、宇宙空間での観測が計画されている。NASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)とESA(イーサ)(ヨーロッパ宇宙機関)が共同で計画しているLISA(Laser Interferometer Space Antenna)は三つの人工惑星で構成され、基線長は500万キロメートルである。日本でもDECIGO(Deci-hertz Interferometer Gravitational Wave Observatory)という基線長1000キロメートルの宇宙重力波望遠鏡が計画されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

重力波望遠鏡の関連キーワード国立天文台LIGO神岡鉱山かぐら

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重力波望遠鏡の関連情報