重厚長大型産業(読み)じゅうこうちょうだいがたさんぎょう

百科事典マイペディアの解説

重厚長大型産業【じゅうこうちょうだいがたさんぎょう】

鉄鋼や造船などに代表される基礎的産業。原材料大量消費型,かつ大規模立地型の特性をもつ。日本では2度にわたる石油危機とそれに続く産業構造の変化により,大きな打撃を受けた。しかし,その後のリストラや合理化などにより,高級品の分野においてはいまなお高い国際競争力を維持している。→軽薄短小型産業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重厚長大型産業の関連情報