コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重宗和伸 しげむね かずのぶ

1件 の用語解説(重宗和伸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重宗和伸 しげむね-かずのぶ

1896-1971 大正-昭和時代の映画プロデューサー。
明治29年7月27日生まれ。重宗雄三の弟。松竹蒲田(かまた)撮影所にはいり,大正14年「郊外の家」で監督デビュー。昭和10年東京発声映画製作所所長となり,「若い人」「小島の春」などを製作。戦後,鎌倉アカデミアの創立に参加した。昭和46年12月4日死去。75歳。山口県出身。早大中退。本名は務。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の重宗和伸の言及

【豊田四郎】より

…京都に生まれ,府立一中を卒業後,東京へ出て劇作家を志すが,偶然の機縁で知り合った日本映画の先駆的監督田中栄三にシナリオを書くことをすすめられ,次いで松竹蒲田撮影所の島津保次郎の助監督となり,佐藤春夫の小説《売笑婦マリ》からヒントを得た自作の脚本による《彩られる唇》(1929)で監督となった。その後,ふたたび5年間の助監督生活を余儀なくされるという曲折があったが,1936年,松竹の監督であった重宗和伸(1896‐1971)が前年に設立した東京発声映画製作所に入社し(1941年,解散して東宝に吸収される),北国のアメリカ系ミッション・スクールを舞台に自由なモラルを描いた石坂洋次郎のベストセラー小説をみずみずしい手法で映画化した《若い人》(1937)で認められ,一流監督として知られるようになった。 以後,林芙美子原作《泣虫小僧》(1938),阿部知二原作《冬の宿》(1938),伊藤永之介原作《鶯》(1938)など一連の〈文芸映画〉のなかで,暗い時代の日本の庶民像を描き出していった。…

※「重宗和伸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

重宗和伸の関連キーワード深刻小説甘え東映(株)本郷直樹奈良富士子杉田二郎ECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)仮面ライダーさるとびエッちゃんタイガーマスク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone