コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重富縄山 しげとみ じょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重富縄山 しげとみ-じょうざん

1806-1874 江戸後期-明治時代の儒者。
文化3年生まれ。広瀬淡窓(たんそう)にまなび,江戸で陽明学をおさめる。弘化(こうか)2年(1845)郷里筑後(ちくご)(福岡県)にかえり,家塾をひらく。のち久留米(くるめ)藩の藩校明善堂の講師をつとめた。明治7年12月17日死去。69歳。名は鼎。字(あざな)は文卿。通称は永助。著作に「随得録」「和漢事類蒙求」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

重富縄山の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android