重森 三玲(読み)シゲモリ ミレイ

20世紀日本人名事典の解説

重森 三玲
シゲモリ ミレイ

大正・昭和期の庭園研究家,作庭家,茶道家,花道家 京都林泉協会会長。



生年
明治29(1896)年8月20日

没年
昭和50(1975)年3月12日

出生地
岡山県上房郡吉川村(現・賀陽町)

学歴〔年〕
日本美術学校研究科〔大正11年〕卒,東洋大学文学部哲学科卒

経歴
昭和2年岡山県に原始森林公園を創設。伝統芸術の研究を志し、4年京都に居を構えた。5年新興いけばな宣言をするなど、前衛いけばなの創作を提唱。茶の湯では9年「日本茶道史」を刊行し、実証的茶道を唱え、独自の創作的茶道を実践した。庭園では7年に京都林泉協会を設立。この頃から庭に情熱を注ぎはじめ、作庭活動に取り組む。東福寺本坊方丈庭園、光明院の枯山水から、島根県庁庭園、民家の庭まで約一千余りの日本庭園を手がける。他の著書に「花道美学」「日本花道美術全集」(全9巻)「日本庭園史図鑑」(全26巻)「新しい生け花」「茶室茶庭辞典」「日本庭園史大系」(全35巻)など。平成11年岡山県賀陽町に重森三玲記念館がオープンした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

重森 三玲 (しげもり みれい)

生年月日:1896年8月20日
大正時代;昭和時代の庭園研究家;花道家。京都林泉協会会長
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重森 三玲の関連情報