枯山水(読み)かれさんすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枯山水
かれさんすい

水を用いず,地形や砂礫,石のみで山水を表現する庭園の形式。植物が用いられてもごくわずかで,抑制されている。中国庭園の影響下に生まれたと考えられ,南北朝時代から室町時代にかけて禅宗寺院で発達した(→禅宗)。大徳寺大仙院,龍安寺などのものが代表例である。(→日本庭園

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かれ‐さんすい【枯山水】

池や流水を用いず、石と砂で山水の風景を表現する庭園形式。室町時代に伝わった水墨画の影響による。竜安寺(りょうあんじ)庭園などが有名。涸山水(こさんすい)。かれせんすい。こせんすい。

かれ‐せんすい【枯山水】

かれさんすい

こ‐せんすい【枯山水】

枯(かれ)山水」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

枯山水【かれさんすい】

池,遣水(やりみず)などの水を用いることなく,石組みを主とし,砂,樹木などで山水を表現した日本特有の庭園様式。唐宋の仮山(かざん)の影響で,日本では室町時代に発達,禅寺の庭などに造られた。仮山の言葉が示すように,最初は実景の写実的な模写が普通だったが,次第に象徴化が進み,石の配列による空間構成の美が重視されるようになった。竜安(りょうあん)寺石庭大徳寺大仙院庭園など。
→関連項目築山庭園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かれさんすい【枯山水】

日本特有の庭園様式の一つで,仮山水(かさんすい),故山水(ふるさんすい),乾泉水(あらせんすい),涸山水(かれさんすい)などともいう。平庭に石組みを主体とし,水を白砂に代えて山水をあらわすもの。平安時代の《作庭記》では枯山水(こせんずい)と称し,池もなく遣水(やりみず)もない所に石を立てることとされていた。毛越寺(もうつじ)庭園池泉(岩手県西磐井郡平泉町)南西の岬付近にある石組み,南北朝時代に入って西芳寺庭園(京都市西京区)洪隠山の枯滝などがその例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かれさんすい【枯山水】

水を用いずに、石・砂などにより風景を表現する庭園様式。室町時代、北宋画、特に破墨山水などの影響を受け、完成された。禅院の方丈前庭などに多く作庭され、京都竜安寺の石庭などが有名。かれせんすい。こせんすい。

こせんすい【枯山水】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かれさんすい【枯山水】

室町時代に中国の宋(そう)・明(みん)の山水画の影響を受けた、日本の代表的な庭園様式の一つ。実際の水を使わずに、白砂や石などの材料で、海・川・池を含む風景(山水)を表現する。京都の禅宗寺院に多く見られ、大徳寺大仙院庭園や竜安(りょうあん)寺の石庭、妙心寺退蔵院の庭園などが有名。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枯山水
かれさんすい

庭園用語。この訓詁(くんこ)にはほかに5通りあり、(1)かれせんすい、(2)こざんすい、(3)ふるせんすい、(4)かれせんずい、(5)こせんずい、ともいうが、一般には「かれさんすい」がもっとも多く用いられている。水を用いないで、水のある表現の庭園をいい、わが国では飛鳥(あすか)・奈良時代のころから作庭されてきた。現在ではこの種の庭園を次の二つに大別する。
〔1〕前期式枯山水 広い庭園の一部を枯山水にしたもので、南北朝時代までに多い。
〔2〕後期式枯山水 全庭すべてを枯山水にしたもので、室町時代以降に現れる。
 平安期の『作庭記』では、「池もなくやり水もなき」所に「石をたつること」を枯山水といったが、この意匠が頂点を迎えるのが室町時代である。室町初期のころは抽象意匠が多く、中期から後期にかけては絵画的で具象的な枯山水が多く作庭された。また江戸初期の枯山水は、塀などの片側に寄せた、具象的な意匠が多い。[重森完途]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の枯山水の言及

【庭園】より

…他の一流芸術に匹敵する庭園は,こうした心のあり方から生まれたといえよう。この石庭は枯山水(かれさんすい)として知られているが,これ以来,書院の庭としてこの石組みが発展した。 14世紀の末ころから,五山を中心に禅僧たちの間に文学が隆盛し,また中国宋から水墨山水画が伝来し,公家をも含めた詩会のためのサークルをつくっていた。…

※「枯山水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枯山水の関連情報