コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野外劇場 やがいげきじょうopen-air theatre; outdoor theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野外劇場
やがいげきじょう
open-air theatre; outdoor theatre

舞台と観客席の全部あるいは一部が屋根に覆われていない劇場。原始演劇中世演劇のように,屋外に舞台を仮設して演じられるもののほか,ギリシア演劇のように常設建造物としての野外劇場がある。日本でも,狂言舞楽歌舞伎をはじめとする芸能は,古くはみな野外で演じられた。舞台と観客席を一つの建物に納める劇場建築が生まれたのは,ヨーロッパではイタリアのテアトロ・オリンピコ(1585),日本では江戸時代半ばの中村座が最初である。しかし 20世紀になって再び野外劇に関心が向けられるようになった。ロンドンのリージェント公園の舞台や,ニューヨークセントラルパークのデラコルテ劇場が有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の野外劇場の言及

【劇場】より

…同じことはエリザベス朝のイギリス演劇にも,前5世紀のギリシア演劇にも当てはまる。これらの劇が用いたのは野外劇場であったといえる。そこで,人工的手段によって自然光線の再現を試みることはおよそ無意味である。…

※「野外劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

野外劇場の関連キーワードアルル,ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群セントルイスフォレストパークレッドロックス円形野外劇場クローネンベルク・ドイツ村アクロポリス〈ロードス〉セントサ島のマーライオンチボリ・パントマイム劇場宜野湾海浜公園野外劇場フェスティバルセンターグラント・パーク音楽祭イロドアティコス音楽堂マリオ デル・モナコヤマハリゾートつま恋宮城県宮城郡七ヶ浜町オスティアアンティカビート・チャイルド利賀フェスティバルディオニュソス劇場フィロパポスの丘オイティン音楽祭

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野外劇場の関連情報