野外調査(読み)やがいちょうさ(英語表記)field work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野外調査
やがいちょうさ
field work

実地に出かけて研究を行う調査実地 (現地) 調査,野外研究と同じ意味。室内 (机上) 作業に対していう。調査方法には,現地において文献や資料の収集,観察,計測,アンケート調査,聞き取り調査などがある。調査には,書きとめるための野帳 (フィールド・ノート) を持って行く。また,野外調査には特定地域を詳細に調べるインテンシブな方法と,広い範囲にわたって調べるエクステンシブな方法とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野外調査の関連情報