コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野太刀/野剣 ノダチ

大辞林 第三版の解説

のだち【野太刀】

平安時代、衛府えふの官人や公家が用いた兵仗の太刀。野剣。野外出行にも用いるところからいう。
南北朝時代から盛行した大太刀。
自衛用の短刀。刺刀さすが。 「臂ひじちかなる-をとつて/読本・弓張月

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の野太刀/野剣の言及

【太刀】より

…奈良時代には柄に鮫皮(さめかわ)をきせて鞘に漆を塗り,金銀飾の長金物(なががなもの)を入れた唐大刀(からだち)とその略式である唐様(からよう)の大刀が行われ,平安時代になると唐大刀は飾太刀(かざだち)とよばれて儀仗の最高級となり,その略式は細太刀とよばれて帯剣を許された公卿の儀仗となった。兵仗は柄を毛抜形にすかしたのが特色で,衛府(えふ)の武官の常用として衛府(よう)の太刀といい,公卿も非常の際の実用としてこれを野太刀(のだち)ともいった。また儀仗用の太刀の緒の平緒(ひらお)に対して,兵仗用は革緒(かわお)を用いるので革緒の太刀ともいった。…

※「野太刀/野剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報