野崎武左衛門(読み)のざき ぶざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎武左衛門 のざき-ぶざえもん

1789-1864 江戸時代後期の塩田開発者。
寛政元年8月1日生まれ。備前味野村(岡山県倉敷市)の出で,足袋(たび)の製造,販売で資金をため,野崎浜をはじめ各地に塩田をひらく。さらに岡山藩命により福田新田の開発もおこなった。元治(げんじ)元年8月29日死去。76歳。本姓昆陽野(こやの)。名は弣(ゆづか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

野崎武左衛門 (のざきぶざえもん)

生年月日:1789年8月1日
江戸時代後期の塩業家
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android