銭起(読み)せんき(英語表記)Qian Qi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭起
せんき
Qian Qi

[生]開元10(722)
[没]建中1(780)?
中国,中唐の詩人。呉興 (浙江省) の人。字,仲文。天宝 10 (751) 年進士に及第。考功郎中についたことがあるので,銭考功とも呼ばれる。のち大暦年間には,太清宮使,翰林学士になった。王維を中心とするグループにも参加して,早くから活躍したが,盛唐から中唐への転換期にあたる大暦期を代表する詩人として,「大暦十才子」の筆頭にあげられる。郎士元とともに「銭郎」と並称され,やや骨格は細いが清新な詩風で,詩壇の主流をなした。詩集『銭考功集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんき【銭起 Qián Qǐ】

722‐780?
中国,中唐の詩人。字は仲文。呉興(浙江省)の人。天宝10年(751)の進士で官位は尚書考功郎中に至る。中唐前期を代表する〈大暦の十才子〉の中でも比較的すぐれた詩人で,王維とも親交があった。僚友郎士元とともに〈前に沈宋(しんそう)(沈佺期,宋之問)あり,後に銭郎あり〉と称される。特に写景詩に佳句を残し,《唐詩選》には〈帰雁〉など5首が収められる。詩集として《銭考功集》10巻が伝わるが,孫の銭珝(せんく)の作品が混入すると言われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんき【銭起】

722~780) 中国、中唐の詩人。字あざなは仲文。自然の景物を詠じた五言詩に佳作が多い。大暦十才子の一人。詩集「銭考功集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭起
せんき
(710?―780?)

中国、中唐期の詩人。字(あざな)は仲文(ちゅうぶん)、呉興(ごこう)県(浙江(せっこう)省)の人。生卒年をはじめ、その経歴には不明な点が多いが、天宝九載(750)ないしはその翌年に進士に及第、秘書省校書郎、藍田(らんでん)県(陝西(せんせい)省)の県尉(けんい)を歴任し、考功郎中にまで上った。詩人としての活動は盛唐期に始まるが、代宗の大暦(たいれき)年間(766~779)を中心に活躍した他の詩人とともに「大暦十才子」の1人に数えられる。彼は五言詩形を得意とし、七言詩に比べて数が多い。詩風は感傷に独自の味わいがあり、叙景の詩、送別・贈酬の作に秀作が少なくない。同じ十才子の1人である郎士元(ろうしげん)とともに銭郎と並称される。『銭考功集』10巻がある。[佐藤 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android