コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村空翠 のむら くうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村空翠 のむら-くうすい

1784-1865 江戸時代後期の商人。
天明4年生まれ。加賀金沢で酒造業をいとなむ。安政5年世相を批判し勤王を説いた「空翠雑話」を出版したが,妄説として版木を没収された。元治(げんじ)2年1月2日死去。82歳。名は円平。通称は次左衛門。屋号は八田屋。別号に栖霞。詩集に「空翠楼詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野村空翠の関連キーワードティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロブレーフォーレ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android