野村空翠(読み)のむら くうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村空翠 のむら-くうすい

1784-1865 江戸時代後期の商人。
天明4年生まれ。加賀金沢で酒造業をいとなむ。安政5年世相を批判し勤王を説いた「空翠雑話」を出版したが,妄説として版木を没収された。元治(げんじ)2年1月2日死去。82歳。名は円平。通称は次左衛門。屋号は八田屋。別号に栖霞。詩集に「空翠楼詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android