コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野槌 ノツチ

デジタル大辞泉の解説

の‐つ‐ち【野×槌】

《「のづち」とも》
《野の霊(ち)の意》野の神。
「次に草の祖(おや)草野姫(かやのひめ)を生む。亦は―と名づく」〈神代紀・上〉
野にすむマムシサソリの類。〈名義抄
化け物の一種。
「―といふは、常にもなき獣なり」〈沙石集・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

野槌(のづち)

日本の妖怪。蛇のような姿で頭頂部に口だけがあり、山奥に住む草木の霊とされる。ツチノコと同一視されることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

野槌 (ノツチ)

植物。バラ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ワレモコウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

野槌の関連キーワード文七元結林羅山草野姫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android