コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類聚名義抄 るいじゅみょうぎしょう

6件 の用語解説(類聚名義抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

類聚名義抄
るいじゅみょうぎしょう

『名義抄』ともいう。部首引きの漢和辞典。標出漢字にその字形 (異体字 ) ,字音,意味,和訓などを付す。法相宗 (ほっそうしゅう) の僧侶の撰とみられるが未詳。名称は『倭名類聚抄』と『篆隷万象名義』に由来するとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

るいじゅみょうぎしょう〔ルイジユミヤウギセウ〕【類聚名義抄】

平安末期の漢和辞書。編者未詳。仏・法・僧の3部からなり、120の部首によって漢字を分類し、字音・字義・和訓などを注記し、和訓には声点によってアクセントが示される。名義抄。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

類聚名義抄【るいじゅうみょうぎしょう】

古代の漢和辞書。〈るいじゅみょうぎしょう〉とも読む。原撰本と改編本の2種がある。漢字を字形で分類し,諸書から注記・和訓を引用したもので,音義・辞書・訓点本の集大成
→関連項目漢和辞典和名類聚抄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

るいじゅうみょうぎしょう【類聚名義抄】

編者不明の漢和字書。原撰本は11~12世紀ころの成立と推定される。宮内庁書陵部に図書寮本と呼ばれるものが一部分残っているのみである。現存しない書物からの引用の多いこと,古い和訓を記していること,声点(しようてん)の施されたものがあり,平安時代末期のアクセントを知りうることなどの点で注目される。鎌倉時代になって改編増補され10巻にまとめられた。改編本は,多数の和訓を収録しており,平安時代末期の和訓の集大成といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

るいじゅみょうぎしょう【類聚名義抄】

字書。編者未詳。平安末期成立。仏・法・僧の三部に、漢字を一二〇の部首によって排列し、字形・字音・釈義・和訓を示す。釈義・和訓とも出典を明示する原撰本と、出典は示さず釈義が少なく和訓が多い改編本がある。両者とも和訓に付せられた声点しようてんは平安末期のアクセントを反映。名義抄。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

類聚名義抄
るいじゅうみょうぎしょう

古代の漢字字書。「人」「彳」等120の部首により漢字を分類し、発音、字義、和訓等を注記したもの。初撰(しょせん)本、増補本の別があり、「仏」「法」「僧」の篇名(へんめい)をもつので『三宝類字集』等の別名がある。[築島 裕]

初撰本

六帖(じょう)か。うち一帖のみ存。宮内庁書陵部蔵。平安末期写。11世紀末ごろ成立。著者は法相(ほっそう)宗の僧か。古辞書、仏書、古訓点など多数の先行文献を忠実に引用し、国語史学上重要な資料である。[築島 裕]

増補本

観智院(かんちいん)本(十二帖、唯一の完本、天理図書館蔵、鎌倉中期写)、高山寺本(仏上・仏中の二巻存、天理図書館蔵、鎌倉中期写)、蓮成院(れんじょういん)本(仏上中・法上中・僧上中下の零本)、西念(さいねん)寺本(仏上)等がある。12世紀末ごろ真言宗僧により改編されたもので、初撰本に基づき、出典名、漢文注を削り、万葉仮名を片仮名に改め、和訓を増補したりした。多数の字音注や4万に上る和訓は古語研究上必須(ひっす)のものである。[築島 裕]
『正宗敦夫校訂、中田祝夫解説『類聚名義抄1・2』(1975・風間書房) ▽築島裕解説『類聚名義抄』(1976・勉誠社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の類聚名義抄の言及

【愛】より

…しかし,この現象は,必ずしも時代の新古のみによるものとは考えられない。院政時代の古訓集成とも称すべき《類聚名義抄》に,〈寵〉〈恩〉〈恵〉〈寛〉等々の漢字をアイスという語で読むことが示されている以上,漢文訓読の世界では,相当はやくより〈愛す〉という語が普及していたことを推測させる。
[仏教思想と〈愛〉]
 さかのぼって,《万葉集》巻五,山上憶良〈思子等歌一首〉の前に置かれている〈釈迦如来,金口正説,等思衆生,如羅睺羅。…

【訓】より

…漢文に訓を書きこんだ例は,《新訳八十巻華厳経音義私記》《四分律音義》など,奈良時代末期から平安初期に現れる。当時の漢籍・仏典につけた訓を集大成したものが《類聚(るいじゆ)名義抄》(平安末期成立)だが,その観智院本では字数3万2000,訓4万,訓の種類1万で,訓を欠く文字が全体の1/3,1字で30以上の訓をもつものもある。それは漢字の多義であることにもよるが,当時漢字の訓のつけ方が比較的自由であったことにもよる。…

【辞書】より

…権威ある辞書として広く行われ,後出の辞書に大きな影響を与えた。《類聚名義抄(るいじゆうみようぎしよう)》(《名義抄》と略称される)は,漢字の部首引き辞書で,法相宗の僧の著とみられ,1081年(永保1)以後の成立である。この辞書は先行の諸書から材料を多くとり入れており,当時の和訓の集大成の観を呈していて,古語研究資料として重視されている。…

※「類聚名義抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

類聚名義抄の関連情報