コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチバミ

デジタル大辞泉の解説

くち‐ばみ【×蝮】

《「くちはみ」とも》マムシの古名。
「―に螫(さ)されたる人」〈徒然九六

はみ【×蝮】

マムシ別名

ま‐むし【×蝮】

《「真虫」の意》クサリヘビ科の毒蛇。体長約70センチで、灰褐色の地に銭形の斑紋が並ぶ。頭は三角形で両ほおに毒腺をもち、敵が防衛範囲内に入ると毒牙を立てて飛びかかる。毒性は強いが注入量は少ない。卵胎生くちばみ。はみ。日本まむし。 夏》「曇天や―生き居る罎(びん)の中/竜之介
恐れきらわれる人をたとえていう。
まむし指」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はみ【蝮】

マムシの古名。 〔和名抄〕

まむし【蝮】

〔真虫の意〕 有鱗目クサリヘビ科の毒蛇の総称。12種が日本およびアジア全域に分布。日本にすむニホンマムシは全長40~65センチメートル。頭部は三角形。体の背面は、普通、灰褐色ないし暗赤褐色の地に黒褐色の大きな銭形の斑紋がある。竹やぶや森林の中、水田の周辺などにすみ、カエル・ネズミなどを捕食する。卵胎生。はみ。 [季] 夏。
人に害をなし恐れられる人をいう語。
「まむし指」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蝮 (マムシ)

動物。クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属に含まれるヘビの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蝮の関連キーワードモーリヤック(François Mauriac)ウルトラセブン誕生30周年記念3部作ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦バザン(Hervé Bazin)ウルトラセブン 地球星人の大地テンナンショウ(天南星)エルヴェ バザンモーリヤック江田船山古墳モーリアック田野アサミはぶ三太郎3月31日名代・子代武田 泰淳服部 哲治野槌・野雷毒蝮三太夫武田泰淳和名抄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝮の関連情報