コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野溝七生子 のみぞ なおこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野溝七生子 のみぞ-なおこ

1897-1987 昭和時代の小説家,近代文学研究家。
明治30年1月2日生まれ。「山梔(くちなし)」が「福岡日日新聞」の懸賞小説1席に入選し,以後「女獣心理」「南天屋敷」「月影」などの幻想的な小説を発表。戦後,母校東洋大で近代文学をおしえ,昭和31年教授。森鴎外(おうがい)に関する論文がおおい。昭和62年2月12日死去。90歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野溝七生子の関連キーワード矢川 澄子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android