福岡日日新聞(読み)ふくおかにちにちしんぶん

百科事典マイペディア「福岡日日新聞」の解説

福岡日日新聞【ふくおかにちにちしんぶん】

西日本新聞》の前身で,第2次世界大戦前に福岡で発行されていた日本の代表的地方紙。1877年創刊の《筑紫新聞》を前身とし,廃刊,改を経て1880年《福岡日日新聞》として刊行されるようになる。民権派の機関紙の性格をもった。明治末期,同社は佐賀に《佐賀日日新聞》,熊本に《熊本日日新聞》を発行。五・一五事件に際して,主筆菊竹六鼓軍部を批判したことは有名。1942年《九州日報》と合併し《西日本新聞》となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「福岡日日新聞」の解説

福岡日日新聞

日本の地方新聞のひとつ。1880年、「筑紫新報」を改題して創刊。のちに「九州日報」と合併して、「西日本新聞」となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版「福岡日日新聞」の解説

ふくおかにちにちしんぶん【福岡日日新聞】

第2次大戦前,福岡で発行されていた有力地方紙。前身は1877年3月創刊の《筑紫新聞》だが,同紙は9月廃刊。78年12月《めざまし新聞》として再興,79年《筑紫新報》,80年《福岡日日新聞》と改題した。福岡地方初の日刊紙で,自由民権主義の機関紙だったため,政争にからみ受難の時代もあったが,征矢野半弥(そやのはんや)社長時代(1891‐1912)にその積極政策により全国屈指の地方紙に発展した。1901年地方紙で初めてマリノニ輪転機を採用,明治末から各県に切替版を発行して九州全土に部数を伸ばし,21年から朝夕刊制を実施している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の福岡日日新聞の言及

【西日本新聞】より

…本社,福岡。1942年8月,戦時新聞統合により《福岡日日新聞》を主体に《九州日報》を統合して創刊された。第2次大戦後の47年,労働組合の経済闘争からおこった西日本新聞争議では,編集権侵害事件をひきおこしたが,この争議は〈読売争議〉〈北海道新聞争議〉とならぶ新聞界の三大争議といわれ,日本新聞協会の〈新聞編集権の確保に関する声明〉のきっかけとなった。…

※「福岡日日新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android