コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野矢常方 のや つねかた

美術人名辞典の解説

野矢常方

涼斎、通称与八、会津藩士、沢田名垂に和歌を学ぶ。槍術の達人、明治戊辰の役で戦死、慶応4年(1868)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野矢常方 のや-つねかた

1802-1868 江戸時代後期の武士,国学者。
享和2年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。槍術(そうじゅつ)をおさめ,和歌を沢田名垂(なたり)にまなび和学所師範をつとめる。戊辰(ぼしん)戦争で会津若松城をまもり,慶応4年8月23日戦死した。67歳。通称は与八。号は涼斎,蓼園など。著作に「山路苞」「蓼園集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野矢常方の関連キーワード金子豊雄片桐嘉則国学者