コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱館奉行 はこだてぶぎょう

6件 の用語解説(箱館奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱館奉行
はこだてぶぎょう

江戸時代後期の幕府官職。遠国奉行の一つ。老中の管轄下にあり,蝦夷 (えぞ) 地の行政を司った。初めは蝦夷奉行として享和2 (1802) 年2月設置。次いで箱館奉行と改称。のち松前奉行となり,文政4 (21) 年一時廃止されたが,嘉永7 (54) 年6月箱館奉行を再置して開港場を管轄させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はこだて‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【箱館奉行】

江戸幕府の職名。遠国奉行の一。老中に属し、蝦夷(えぞ)地の行政を管掌し辺境防備に当たった。享和2年(1802)創設。のち、改廃を経て慶応4年(1868)まで存続。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

箱館奉行【はこだてぶぎょう】

江戸時代の遠国(おんごく)奉行の一つ。1798年創設の蝦夷(えぞ)地御取締御用掛を継ぎ,1802年に箱館奉行と改称。1807年松前(まつまえ)に移り松前奉行と改称,国境の警備,アイヌの懐柔・撫育政策を軸とした蝦夷地の本格的経営を目指したが,1821年廃止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はこだてぶぎょう【箱館奉行】

江戸幕府の遠国奉行の一つ。老中支配。定員2名(うち3名),役料1500俵,席次は長崎奉行の次で芙蓉間詰。幕府は,1799年(寛政11)蝦夷地御用掛を置いて東蝦夷地を仮上知し,1802年(享和2)永久上知として蝦夷地御用掛を蝦夷奉行,ついで箱館奉行と改め,蝦夷地(北海道)の本格的な経営に着手した。07年(文化4)松前氏を陸奥国梁川に移封するとともに,奉行所を松前に移して松前奉行と改めた。最初の奉行は戸川安諭(やすのぶ),羽太正養(はぶとまさやす)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はこだてぶぎょう【箱館奉行】

江戸幕府の職名。遠国おんごく奉行の一。老中支配。蝦夷えぞ地の行政や辺境の防備をつかさどった。1802年2月に置かれた蝦夷奉行を改めて同年5月に設けられ、07年松前奉行と改称されたが、54年箱館開港に伴って再び設けられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箱館奉行
はこだてぶぎょう

江戸幕府遠国(おんごく)奉行の一つ。老中の下に属し、蝦夷(えぞ)地行政をつかさどった。奉行所を箱館(北海道函館(はこだて)市)に置き、前後二期にわたって設けられ、蝦夷地の経営・開発や警固をはじめ、和人地の民生、あるいは後期の場合には開港場箱館にかかわる通商・外交なども管掌した。[小林真人]

前期(1802~07)

幕府は仮上知(かりあげち)していた東蝦夷地を永久に直轄地にするにあたって、1802年(享和2)2月、従来の蝦夷地御用掛を廃して蝦夷地奉行を設け、同年5月10日これを箱館奉行と改称した。その後、幕府が松前(まつまえ)・蝦夷地全域を直轄することになったのに伴い、1807年(文化4)10月24日、奉行所の松前移転と松前奉行への改称が命じられた。松前奉行は松前藩が松前・蝦夷地に復領する1821年(文政4)まで存続した。[小林真人]

後期(1854~68)

箱館開港に対処するため1854年(安政1)6月30日設置。翌年には松前・蝦夷地の大部分、木古内(きこない)以東、乙部(おとべ)以西が幕領となり、箱館奉行の管轄に入った。その後、1864年(元治1)に乙部以西熊石(くまいし)(八雲町)まで八か村が松前藩に還付されたが、1868年(慶応4)4月12日に維新政府により箱館裁判所が置かれるまで存続した。[小林真人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箱館奉行の関連キーワード蝦夷奉行大坂町奉行遠国奉行外国奉行長崎奉行日光奉行兵庫奉行支配所下田奉行老中格

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

箱館奉行の関連情報