コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野袴 ノバカマ

デジタル大辞泉の解説

の‐ばかま【野×袴】

江戸時代、武士の旅行や火事装束などに着用した緞子(どんす)や錦(にしき)・縞織物を用い、裾に黒ビロードの太い縁をつけた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のばかま【野袴】

近世、武士が旅行や火事装束などに用いた袴。すそに黒いビロードや繻子しゆすの縁を付けたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野袴
のばかま

江戸時代の武士が参勤交代、鷹狩(たかがり)、遠出(とおで)など、旅をする際に着用した袴。布地は武士の身分によって異なり、大名などは緞子(どんす)を用い、下級武士は縞(しま)木綿を用いた。いずれも袴の裾(すそ)に黒いビロードの縁どりがしてある。形態は馬乗袴と同じであるが、徒行用には襠(まち)を低く、乗馬用には襠高に仕立てられた。元来は男性専用のものであるが、藩主の家族は女性でも火事装束としてこれを着用した。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野袴の言及

【袴】より

…武士のほか庶民もこれを式服として用いた。(11)野袴 江戸時代に武士が旅行などに着用した袴で,襠が高く,緞子(どんす)などで作り,裾にはビロードの縁をつけた。(12)踏込(ふんごみ)野袴の,裾のごく細いもので,江戸時代に着装された。…

※「野袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野袴の関連キーワード踏籠袴・踏篭袴江戸時代袴・褌野装束踏込袴繻子遠藤近世野服

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android