コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野袴 ノバカマ

3件 の用語解説(野袴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の‐ばかま【野×袴】

江戸時代、武士の旅行や火事装束などに着用した袴。緞子(どんす)や錦(にしき)・縞織物を用い、裾に黒ビロードの太い縁をつけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のばかま【野袴】

近世、武士が旅行や火事装束などに用いた袴。すそに黒いビロードや繻子しゆすの縁を付けたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野袴
のばかま

江戸時代の武士が参勤交代、鷹狩(たかがり)、遠出(とおで)など、旅をする際に着用した袴。布地は武士の身分によって異なり、大名などは緞子(どんす)を用い、下級武士は縞(しま)木綿を用いた。いずれも袴の裾(すそ)に黒いビロードの縁どりがしてある。形態は馬乗袴と同じであるが、徒行用には襠(まち)を低く、乗馬用には襠高に仕立てられた。元来は男性専用のものであるが、藩主の家族は女性でも火事装束としてこれを着用した。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野袴の言及

【袴】より

…武士のほか庶民もこれを式服として用いた。(11)野袴 江戸時代に武士が旅行などに着用した袴で,襠が高く,緞子(どんす)などで作り,裾にはビロードの縁をつけた。(12)踏込(ふんごみ)野袴の,裾のごく細いもので,江戸時代に着装された。…

※「野袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野袴の関連キーワード番太火事装束火事頭巾火事羽織肩衣袴兜頭巾道中羽織宿直装束胸当て武士の道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野袴の関連情報