コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小袴 コバカマ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ばかま【小×袴】

六幅(むの)の狩袴(かりばかま)を裾短(すそみじか)に仕立てたもの。
中世の武家直垂(ひたたれ)や素襖(すおう)などに用い、上括(しょうくく)りにするために、特に裾を短くして括り緒を入れた

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こばかま【小袴】

足首までの丈の袴。切袴。
素襖すおうや水干と組み合わせて普段に着た裾の短い括くくり袴。また、幅の狭い膝下丈の狩袴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小袴の言及

【袴】より

…(5)指(差)袴(さしこ) 指貫を切袴にした仕立てで,その模様,色目などもほぼ指貫に類し,衣冠,狩衣などに指貫の代用として着装された。(6)小袴 上古の褌の系統のものといわれ,その仕立ては指貫に似て裾に括りのある短小な袴。古く小袴はつねに素襖(すおう)に着用されたが,また直垂(ひたたれ),水干(すいかん)にも用いられた。…

※「小袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小袴の関連キーワード指子・指袴ももひき仕事着化物話具足下水干葛袴腰次半袴狩袴昔話

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小袴の関連情報