小袴(読み)こばかま

精選版 日本国語大辞典「小袴」の解説

こ‐ばかま【小袴】

〘名〙
① 六幅(むの)狩袴(かりばかま)裾短に仕立てたもの。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
たまきはる(1219)「冬は二へおり物のみつをんぞなどに御こはかま」
中世武家直垂(ひたたれ)素襖(すおう)などに用い、上括(じょうくく)りにするために、特にを短くして括り緒を入れた
山槐記‐治承二年(1178)正月二三日「折烏帽子、着直垂小袴行縢騎馬
③ 裾括りを入れない半袴。現今の袴に似る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小袴」の解説

こ‐ばかま【小×袴】

六幅むの狩袴かりばかま裾短すそみじかに仕立てたもの。
中世の武家の直垂ひたたれ素襖すおうなどに用い、上括しょうくくりにするために、特に裾を短くして括り緒を入れた袴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小袴の言及

【袴】より

…(5)指(差)袴(さしこ) 指貫を切袴にした仕立てで,その模様,色目などもほぼ指貫に類し,衣冠,狩衣などに指貫の代用として着装された。(6)小袴 上古の褌の系統のものといわれ,その仕立ては指貫に似て裾に括りのある短小な袴。古く小袴はつねに素襖(すおう)に着用されたが,また直垂(ひたたれ),水干(すいかん)にも用いられた。…

※「小袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android