コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野辺地尚義 のべち なおよし

1件 の用語解説(野辺地尚義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野辺地尚義 のべち-なおよし

1825-1909 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8年生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。脱藩して村田蔵六(大村益次郎)に蘭学をまなび,江戸の萩(はぎ)藩邸で蘭学を教授して木戸孝允(たかよし),伊藤博文らを知る。維新後,京都府の新英学校女紅場(にょこうば)(のちの府立第一高女)の主管などをつとめた。明治42年3月3日死去。85歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野辺地尚義の関連キーワード尾崎宍夫太田雪岳伊藤慎蔵上真節熊坂蘭斎高雲外佐々木元俊佐藤政養佐波銀次郎村上代三郎