コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野辺地尚義 のべち なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野辺地尚義 のべち-なおよし

1825-1909 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8年生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。脱藩して村田蔵六(大村益次郎)に蘭学をまなび,江戸の萩(はぎ)藩邸で蘭学を教授して木戸孝允(たかよし),伊藤博文らを知る。維新後,京都府の新英学校女紅場(にょこうば)(のちの府立第一高女)の主管などをつとめた。明治42年3月3日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野辺地尚義の関連キーワード明治時代蘭学者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android