コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野辺地尚義(読み)のべち なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野辺地尚義 のべち-なおよし

1825-1909 幕末-明治時代の蘭学者。
文政8年生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。脱藩して村田蔵六(大村益次郎)に蘭学をまなび,江戸の萩(はぎ)藩邸で蘭学を教授して木戸孝允(たかよし),伊藤博文らを知る。維新後,京都府の新英学校女紅場(にょこうば)(のちの府立第一高女)の主管などをつとめた。明治42年3月3日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android