コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野遠屋兵庫 のとや・ひょうご

1件 の用語解説(野遠屋兵庫の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

野遠屋兵庫

生年:生没年不詳
16世紀の堺の商人。天文18(1549)年の『天王寺屋会記』(津田宗達他会記)に「野遠屋兵庫殿道具」とあり,天目,肩衝,香炉,柄杓立などの茶道具を見た感想が,「悪く候」と批判的に記されている。感想を交えず淡々と拝見記を書いている宗達の他会記のなかでは異例の記事であるが,兵庫のみえる史料はこれのみであり,これ以上兵庫と宗達の関係を知ることはできない。ただ,会記中でも商人としては例外的に兵庫「殿」と敬称される人物であることから,14世紀の史料にはすでにみえている堺の伝統的な会合衆の長である能登屋(野遠屋)の一族かと思われ,16世紀に入ってから勢力を持った新興商人の天王寺屋一族との確執が想像される。<参考文献>『堺市史』,泉澄一『堺と博多』

(吉田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone