コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間三竹 のま さんちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野間三竹 のま-さんちく

1608-1676 江戸時代前期の医師,儒者。
慶長13年生まれ。野間玄琢(げんたく)の長男。奥医師として東福門院につかえ,父の号寿昌院をつぎ,法印にすすむ。儒学松永尺五(せきご)にまなび,漢詩人石川丈山と親交をむすんだ。延宝4年8月17日死去。69歳。京都出身。名は成大。字(あざな)は子苞。号は静軒,柳谷,潜楼。著作に「古今考」「沈静録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野間三竹

没年:延宝4.8.17(1676.9.24)
生年:慶長13(1608)
江戸前期の儒医。名は成大,字は子苞,号は柳谷,静軒。野間玄琢の子。京都生まれ。寛永13(1636)年法橋,同15年法眼,同17年江戸幕府の奥医師に列し,東福門院(秀忠の娘・和子)の所属となり,以後隔年江戸に出仕正保3(1646)年家督を継ぎ,寛文8(1668)年法印に進んだ。父玄琢の遺稿を増訂編集した『群方類稿』全63巻(失伝)をはじめ医書,詩稿,文集など多くの著作をなした。父子ともに蔵書に富み「白雲書庫」の蔵書印を使用。病死とされるが,実は悪口癖があり,小姓を罵倒して恨みを買い,刺殺されたとも伝えられる。以後野間家は代々幕府医官として仕え,幕末に至った。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

野間三竹の関連キーワード文体明弁野間静軒西三博没年儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android