コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳谷 やなだに

2件 の用語解説(柳谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳谷
やなだに

愛媛県中南部,仁淀川の上流域,高知県境の地域。旧村名。 1955年中津村の一部を編入。 2004年8月久万町と面河美川村の1町2村と合併し久万高原町となった。中心市街地柳井川は黒川と面河川の合流点付近,国道 33号線から 440号線を分岐する地点に開ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳谷
やなだに

愛媛県中部、上浮穴(かみうけな)郡にあった旧村名(柳谷村(むら))。現在は久万高原町(くまこうげんちょう)の南部を占める一地域。1889年(明治22)の市町村制施行で柳井川、西谷の2村が合して柳谷村となり、1955年(昭和30)中津村の一部を合併、2004年(平成16)久万町、面河(おもご)、美川(みかわ)の2村と合併、久万高原町となる。旧柳谷村は、仁淀(によど)川上流域にある山村で、東部と南部は高知県に接す。国道33号、440号が通じる。面積の約9割が山林で、スギ、ヒノキの人工林が多く林業が主である。中心集落の落出(おちで)は国道33号に沿う予土(よど)国境の交通の要地。黒川渓谷にある八釜(やかま)の甌穴(おうけつ)群は規模が大きく、特別天然記念物に指定されている。南部の県境一帯の五段高原は四国カルストの一部で県立自然公園に含まれ、展望がよく西方の姫鶴平(めづるだいら)は放牧場となっている。中久保は戸数を100年以上も18戸に制限し共同体の色彩が濃い集落として知られる。四国電力の面河第三ダムがある。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳谷の関連キーワード仁淀川吾川〈村〉高知県吾川郡仁淀川町岩戸高知県吾川郡仁淀川町大植高知県吾川郡仁淀川町大崎高知県吾川郡仁淀川町大屋高知県吾川郡仁淀川町高瀬高知県吾川郡仁淀川町中仁淀〈村〉高知県吾川郡仁淀川町森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳谷の関連情報