コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間 清治 ノマ セイジ

20世紀日本人名事典の解説

野間 清治
ノマ セイジ

大正・昭和期の出版人 講談社創業者;報知新聞社長。



生年
明治11(1878)年12月17日

没年
昭和13(1938)年10月16日

出生地
群馬県山田郡新宿村(現・桐生市)

学歴〔年〕
群馬師範卒,東京帝大臨時教員養成所卒

経歴
沖縄県立中学校教諭、県視学を経て、明治40年東京帝大法科の首席書記に就任。学内の緑会弁論部の発会演説会が開かれたのを機に演説の模範を示す雑誌の発行を思いつき、42年大日本雄弁会を設立し、43年雑誌「雄弁」を創刊。44年講談社を設立。同年「講談倶楽部」を発刊し、以後「少年倶楽部」「面白倶楽部」「婦人倶楽部」「キング」など相次いで雑誌を創刊して“九大雑誌”時代を作り出した。単行本も「大正大震災大火災」「明治大帝」、漫画「のらくろ」などのベストセラーをはじめ、「大日本史」「修養全集」「講談全集」などの全集を手がけた。昭和5年にはレコード事業にも乗り出す一方、報知新聞の社長にも就任して、同紙の再建を手がけた。著書に「体験を語る」「栄えゆく道」「私之半生」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

野間 清治 (のま せいじ)

生年月日:1878年12月7日
大正時代;昭和時代の実業家;出版人
1938年没

野間 清治 (のま せいじ)

生年月日:1878年12月17日
明治時代-昭和時代の出版人
1938年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

野間 清治の関連キーワードキング(大衆娯楽雑誌)講談社野間記念館講談社(株)講談社[株]長谷川 卓郎講談俱楽部少年俱楽部野間 省一野間 左衛野間文芸賞望月 茂生年月日昭和時代神吉晴夫中村孝也野間清治野間 文野間左衛野間文望月茂

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野間 清治の関連情報