コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄弁/雄辯 ユウベン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐べん【雄弁/雄×辯】

[名・形動]説得力をもって力強く話すこと。また、そのさま。「―な政治家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうべん【雄弁】

野間清治が1909年大日本雄弁会(現,講談社)を設立し,翌10年創刊した月刊誌。野間は当時東京大学法科の書記をしており,弁論部の誕生に尽力したのが本誌発刊の契機となった。第1号の弁論部発会記念の口絵写真には芦田均,鶴見祐輔らの顔が見える。主として雄弁家の演説速記を掲載していたが,17年ころよりしだいに総合雑誌に変身し,20年10月《現代》が創刊されるまでその傾向を続けた。その後はもとの弁論雑誌に戻ったが,政府の雑誌統合策により,41年10月号で終刊,《現代》に統合された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうべん【雄弁】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
人の心を動かすように、力強くよどみなくしゃべること。また、そのさまやその話。 「 -な人」 「 -をふるう」 「伯父を訪ふて、頻りに高談-したことがある/思出の記 蘆花
(「―に物語る」「―に語る」の形で)ある内容をはっきりと示している意にいう。 「事実が-に物語っている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雄弁/雄辯の関連キーワードマルクス・トゥッリウス キケロモーリス ガルソン沈黙は金,雄弁は銀雄弁は銀,沈黙は金大弁は訥なるが如しエロキューション沈黙は金雄弁は銀ハルポクラチオン持って生まれたヒュペレイデスアイスキネス雄弁に物語る講談社[株]マメルチヌスイソクラテスヘゲシアスシャルチエイサイオス舌を振るうゴルギアス

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android