コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子ビーム リョウシビーム

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐ビーム〔リヤウシ‐〕【量子ビーム】

光子中性子イオンなどを極めて細いビーム状に射出したもの。レーザーシンクロトロン放射加速器原子炉などで生成され、強度エネルギーが高く、量子論的な波としての性質をもつ。ビームを細く集束したり、パルス状に射出したりすることで、原子スケールで物質の構造やふるまいを観測・測定するほか、微細加工や新規材料開発、放射線治療の分野などで応用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

量子ビームの関連キーワード量子科学技術研究開発機構ハドロン実験施設

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android