量子化ビット数(読み)りょうしかびっとすう

  • りょうしかビットすう〔リヤウシクワ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

音楽のアナログ信号からデジタルデータへ変換するに、データを何段階の数値で表現するかを示すのこと。値が大きいほどのアナログデータに忠実になるが、データサイズも比例して増大する。量子化ビット数が16ビットの場合、0~65535の65536段階で音楽信号を再現する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android