量子化ビット数(読み)リョウシカビットスウ

デジタル大辞泉の解説

りょうしか‐ビットすう〔リヤウシクワ‐〕【量子化ビット数】

quantization bit rateアナログ信号デジタル信号に変換する信号振幅の大きさを何段階で表すかを示した。8ビットで256段階、16ビットで65536段階の表現が可能となる。数値が大きいほど、のアナログ信号を忠実に再現する。サンプリングビット数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

量子化ビット数

音楽のアナログ信号からデジタルデータへ変換する際に、データを何段階の数値で表現するかを示す値のこと。値が大きいほど元のアナログデータに忠実になるが、データサイズも比例して増大する。量子化ビット数が16ビットの場合、0~65535の65536段階で音楽信号を再現する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報