コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量的緩和政策

1件 の用語解説(量的緩和政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

量的緩和政策

米国のITバブル崩壊などによる不況を受け、日本銀行が2001年3月に初めて導入した金融緩和策。ゼロ金利は解除していたものの、金利を動かす余地がほとんどなかったため、金融市場に出回るお金の「量」を増やすことにした。金融機関への資金供給の目安となる「日銀当座預金残高」を基準に、当初は5兆円程度の残高を目指し、段階的に30兆~35兆円程度まで増やした。06年3月、景気が回復したとして解除し、金利による政策に戻した。

(2011-07-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量的緩和政策の関連キーワード鉱毒価格破壊構造不況バブル資産価格バブルバブル現象バブルマネーバブルメモリーバブルラップバブル時代

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

量的緩和政策の関連情報