コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量的緩和政策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

量的緩和政策

米国のITバブル崩壊などによる不況を受け、日本銀行が2001年3月に初めて導入した金融緩和策。ゼロ金利は解除していたものの、金利を動かす余地がほとんどなかったため、金融市場に出回るお金の「量」を増やすことにした。金融機関への資金供給の目安となる「日銀当座預金残高」を基準に、当初は5兆円程度の残高を目指し、段階的に30兆~35兆円程度まで増やした。06年3月、景気が回復したとして解除し、金利による政策に戻した。

(2011-07-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

量的緩和政策の関連キーワードインターバンク市場コール(金融用語)無担保コール翌日物売りオペ/買いオペ量的金融緩和ゼロ金利解除手形売買市場日銀当座預金超低金利政策量的緩和解除銀行券ルールゼロ金利政策低金利政策金融政策短資業者量的緩和イエレン札割れ貯蓄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

量的緩和政策の関連情報