コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金の二重価格制 きんのにじゅうかかくせいdouble price of gold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金の二重価格制
きんのにじゅうかかくせい
double price of gold

1968年3月以降,金プール (1961年 11月に結成された欧米主要中央銀行による金売却団) による市場介入を中止し,自由市場での金価格は自由に変動させるという制度。各国中央銀行または政府間で売買される金の公定価格は1オンス=35米ドルであったが,67年 11月のポンド切下げ以後,相次いで発生した金投機によって金価格の維持が不可能となったためこの制度が採用されるにいたった。この結果 1934年以来の金の公定価格は有名無実と化すにいたり,78年のキングストン体制後は名実ともに金は自由商品となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

金の二重価格制の関連キーワード国際通貨問題金塊市場自由金

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android