コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金の二重価格制 きんのにじゅうかかくせい double price of gold

1件 の用語解説(金の二重価格制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金の二重価格制
きんのにじゅうかかくせい
double price of gold

1968年3月以降,金プール (1961年 11月に結成された欧米主要中央銀行による金売却団) による市場介入を中止し,自由市場での金価格は自由に変動させるという制度。各国中央銀行または政府間で売買される金の公定価格は1オンス=35米ドルであったが,67年 11月のポンド切下げ以後,相次いで発生した金投機によって金価格の維持が不可能となったためこの制度が採用されるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金の二重価格制の関連キーワード金プールプール学院大学温水プールシュプールプールバーゲンプール流れるプール日本プールプールサイド小景公認プール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone