コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金利敏感株 きんりびんかんかぶ

1件 の用語解説(金利敏感株の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

金利敏感株

金利低下の恩恵を受ける業種の株式をいう。電力など公益関連株や金融株などが代表的。負債が大きいなどの理由により、金利の低下によってメリットを受ける業種の株式のことを指す。借金などの有利子負債の大きい企業は、金利が上下することにより業績の変化が大きくなることなどに由来する。具体的には、電力やガスなどの公益企業や電鉄、金融機関などが指摘される。一方、銀行からの借入金依存度が高く、利率が業績に影響する株の場合も、金利敏感株として呼称されるケースがある。金融相場では、金利敏感株が活躍する確率が高い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金利敏感株の関連キーワード人的分割普通株式恩恵四恩家恩享受天恩日主要株主寵招激変緩和措置

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金利敏感株の関連情報