コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛巌(2代) こんごう いわお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛巌(2代) こんごう-いわお

1924-1998 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
大正13年12月23日生まれ。初代金剛巌の3男。金剛流宗家初代の父に師事し,昭和6年「国栖(くず)」の子方初舞台。26年父の死去により宗家をつぐ。59年イタリア公演で海外初の薪能(たきぎのう)を演じる。平成7年芸術院賞。京都能楽会会長をつとめた。平成10年8月1日死去。73歳。京都出身。竜谷大予科卒。本名は滋夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金剛巌(2代)の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔[各個指定]工芸技術部門清水宏[各個指定]芸能部門山本嘉次郎多和田葉子

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android