金剛氏正(読み)こんごう うじまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛氏正 こんごう-うじまさ

1507-1576 戦国-織豊時代の能役者シテ方。
永正(えいしょう)4年生まれ。金剛流8代(7代とも)をつぐ。鼻金剛の異名をもち,中興の祖といわれた。天正(てんしょう)4年10月25日死去。70歳。通称は三郎,新六,兵衛尉(ひょうえのじょう)。法名は宗説。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こんごう‐うじまさ【金剛氏正】

室町末期の能役者。金剛流中興の祖。宗家八世。通称三郎。鼻声だったので通称鼻金剛。芸風は豪快で上手といわれたが、金春座と大紛争を起こした。永正四~天正四年(一五〇七‐七六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android