コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金嘉鎮 きん かちん

3件 の用語解説(金嘉鎮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金嘉鎮 きん-かちん

キム-ガジン

金嘉鎮 キム-ガジン

1846-1923 朝鮮の政治家。
憲宗12年生まれ。駐日公使館参賛官をへて1894年金弘集(キム-ホンジプ)内閣の農商工部大臣。1905年大韓協会会長となり,愛国啓蒙運動を展開。韓国併合後,日本からの男爵位を拒否した。1919年の三・一独立運動に参加し,上海に亡命。1923年その地に没した。78歳。慶尚道出身。号は東農。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

金嘉鎮

没年:大正12(1923)
生年:憲宗12(1846)
日本読み「きん・かちん」。朝鮮李朝末期の政治家。朝鮮の清国からの独立実現に奔走し,駐日公使館参賛官であったとき,駐日清国公使が日中両国のみを東洋における独立国と述べたのに対し,朝鮮は独立国であると断固として主張した。日清戦争(1894~95)時は新開化派として閔氏政権打倒をめざし,金弘集内閣の農商工部大臣となる。のちに独立協会運動に参加し,日露戦争(1904~05)後は大韓協会会長となり一進会の日韓合邦運動に反対した。日韓併合(1910)に際し日本からの男爵授爵を拒否し,3・1独立運動(1919)に参加後上海に亡命,その地で没した。気骨のある独立運動家として一生を全うした。<参考文献>森山茂徳『近代日韓関係史研究』

(森山茂徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金嘉鎮の関連キーワード徐光範事大党本読み赤チンおかちんかちんかちんと来るかちん太金允植兪吉濬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone