コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城一国斎(2代) きんじょう いっこくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金城一国斎(2代) きんじょう-いっこくさい

?-? 江戸時代後期の漆工。
初代金城一国斎の次男。名古屋藩をはなれて各地を歴訪,堆朱(ついしゅ),堆黒(ついこく),存星(ぞんせい),鎌倉彫技法をまなび,高盛絵(たかもりえ)を創案した。一時萩(はぎ)藩につかえたが,大坂で業をいとなみ,広島で木下兼太郎(のちの3代)に技法をつたえた。流浪の旅に出,別府で死去したともいう。姓は中村。名は一作(かずさく)。通称は市郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金城一国斎(2代)の関連キーワード漆工

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android