コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存星 ぞんせい

6件 の用語解説(存星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

存星
ぞんせい

中国,明代に行われた漆工技法の填漆。存清とも書く。沈金の技法で文様を表わし,それに彩漆 (いろうるし) を塗りこめるか,または文様に彩漆を塗りこめてとぎ出したもの。存星の名は日本での呼称で,その由来は明らかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐せい【存星/存清】

漆器の装飾技法の一。漆地に色漆で文様を描くか、文様を彫って色漆をつめこみ、輪郭や細部に沈金(ちんきん)を施したもの。中国、明代に始まる。日本の茶人がつけた名称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

存星【ぞんせい】

中国に始まる漆工の一技法。沈金(ちんきん)により文様の輪郭を描き,中を色漆で塗り,または文様を薄く彫って色漆を充填(じゅうてん)してとぎ出したもの。中国では鎗彩(そうさい)という。
→関連項目漆器象谷塗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞんせい【存星】

漆工芸の加飾法の一つで,漆地に彩漆(いろうるし)を象嵌(ぞうがん)したもの。存清とも書く。《髹飾録》には〈即塡彩漆也〉とあり,中国では塡漆(てんしつ)と呼んだ。やや厚肉に塗った漆地を彫って各種の彩漆を充塡し,平らに研出して文様をあらわし,輪郭や細部は鎗金(そうきん)(沈金)の線でくくる。明代初期に創案されたが15世紀前期(宣徳期)の遺品が最も古く,嘉靖~万暦期(1522‐1620)に最盛をむかえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞんせい【存星】

中国漆芸の技法の一。鎗金そうきん(沈金ちんきん)の手法で文様を現し、その内に色漆を塗るか、文様を薄く彫って色漆をはめ込んでとぎ出したもの。中国にこの名称はなく、日本の茶人がつけたという。存星塗。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

存星
ぞんせい

中国で明(みん)代初期(15世紀ころ)に創始された填漆(てんしつ)という漆器技法の日本における呼称。存清とも書く。室町時代の中国美術鑑賞、書院の座敷飾りに関する秘伝書である『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』の中国彫漆器を記したうちに、「存星と云(い)ふものあり赤も黒もあり剔金(てききん)の様(よう)に彫りたるものなり稀也(まれなり)」とあり、わが国で遅くとも16世紀初めには舶来品として尊重され、茶器に用いられていたことがわかるが、存星の呼称の出自は不明である。この技法は、漆塗りの面に色漆で文様を描き、文様の輪郭線に沿ってやや太く、文様の上は細く、刀で線彫りを施すものであるが、現在の中国には残されていない。わが国では江戸末期に高松藩の玉楮象谷(たまかじぞうこく)がこの技法を模した象谷塗を開発し、香川漆器がその伝統を受け継いで、盆、菓子鉢、茶道具、花いけ、座卓などを産している。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の存星の言及

【漆工芸】より

…明代に盛行したもう一つの技法に塡漆がある。日本では一般に存星(ぞんせい)といわれている。器面全体に比較的厚めに漆を塗り,文様を刀で彫り,そこに彩漆をうめて研ぎ出したもので,製作年代が宣徳期ないしはそれ以前といえる作品は5点にすぎない。…

※「存星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

存星の関連情報