コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子 文子 カネコ フミコ

20世紀日本人名事典の解説

金子 文子
カネコ フミコ

大正期の虚無主義者 朴烈事件に連座したアナキスト。



生年
明治37(1904)年1月25日

没年
大正15(1926)年7月23日

出生地
神奈川県横浜市

別名
別名=朴 文子,金子 活浪

経歴
大正2年山梨県杣口の母の実家に引きとられるが無籍だったため、小学校に通えず、3年朝鮮芙江に渡る。10年帰国上京。新聞売り、女中奉公、有楽町のおでん屋で働きながら苦学。11年朝鮮人朴烈と同棲、アナキスト団体“不逞社”を興し雑誌「太い鮮人」「現社会」を発行。12年9月の関東大震災2日後、朴烈とともに検束され、治安警察法違反で起訴後、不敬罪で追起訴。15年大審院で死刑判決、無期に減刑され服役中に自殺した。朴烈は敗戦後、帰国して政治家となった。予審取調室での朴との抱擁写真が出回り“怪写真事件”として政局を揺るがせた。死後、歌集「獄窓に想ふ」(昭和2年)、自伝「何が私をかうさせたか」(6年)が刊行される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

金子 文子 (かねこ ふみこ)

生年月日:1902年1月25日
大正時代の虚無主義者
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

金子 文子の関連キーワードガメラ3 邪神<イリス>覚醒ガメラ 大怪獣空中決戦三一独立運動パク・ヨル黒河内雅子文化勲章上村 進生年月日金子文子朴烈事件大逆罪

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金子 文子の関連情報