金岳陽(読み)こん がくよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金岳陽 こん-がくよう

1758-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦8年2月10日生まれ。山本北山にまなび,出羽(でわ)久保田藩(秋田県)につかえる。財用奉行などをへて藩校明徳館でおしえ,祭酒(学頭)となった。文化10年10月16日死去。56歳。名は秀実,秀順。字(あざな)は天祐。通称は宇平治。別号に寛斎,玉振。著作に「孝経義」「論語始末」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android