コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金岳陽 こん がくよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金岳陽 こん-がくよう

1758-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦8年2月10日生まれ。山本北山にまなび,出羽(でわ)久保田藩(秋田県)につかえる。財用奉行などをへて藩校明徳館でおしえ,祭酒(学頭)となった。文化10年10月16日死去。56歳。名は秀実,秀順。字(あざな)は天祐。通称は宇平治。別号に寛斎,玉振。著作に「孝経義」「論語始末」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金岳陽の関連キーワード儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android